2018年9月25日火曜日

アウトドア(キャンプ)の時のガスボンベカバー



いろんな方が色々な物を作られますが、今回はこれをご紹介

アウトドア派の方にはピンときますよね   ガスボンベのカバーです

オレンジ系の迷彩柄はヌメ革  これに黄色とオレンジの糸を使って個性的なこのデザイン  もう世界に一つの存在!なのです このガスボンベのカバー

やったぜ!





同じ迷彩柄の革も色違いでトートに作るとこんな感じになりました


シワ加工のネイビーの無地と合わせて

ワイルドな鋲も個性的




今回はお嬢さんも一緒にご参加

オレンジの迷彩柄を効果的に使ったキーケースがもうすぐ出来上がります

まったく初参加なのにとても◎ OK!

親子で参加というのもいいですね







mossaで一番人気の型紙を使って  定番型横長トート

何気なくシンプルで使い易いこの形  実際に使ってみてリピートされる方が多いのですが、その理由として、バッグの中に入れている物たちが中で移動しない程度のサイズ感という所でしょうか・・・作る時のポイントとして結構大事なことです




たまにはこんな作品もいかがですか  可愛いですよね  和柄の革・・・そして口金物

皆さんもいろんな物を作ってみませんか

mossarockでは毎日たくさんの方がそれぞれにご自身の作りたい物を作っています


2018年9月22日土曜日

今日のmossarock




田んぼのあぜ道に咲いていました

ちょうど今日のような雨の日に似合います









初参加の初作品

時計のベルト

少々戸惑いながらの作業も次第に慣れていきますからね  次回も楽しもう!







母はいつも我が子の事を思っています

今度入荷してきているヌメのアーミー柄の革を使ってキーリングを作られました

息子さんへのプレゼントだそうです





こちらも息子さんへの思いをこの形にして
製作されました












ボデイーバッグの完成 

細かなパーツの部分も丁寧に作られたこの作品は、もうベテランのお年の方ですが一針ずつの工程を楽しみながらの製作 決して簡単な作業ではなかったと思いますが 母の息子に対する愛情がこの作品に満ち溢れているようです



2018年9月18日火曜日

この頃のmossa



日に日に秋の気配が色濃くなってきます

秋は革の季節

作る私達も夏が終わりこの季節に入るとより製作に力が入ります






もう作品の数を重ねたベテランの方の楽しい作品です

このシリーズで5~6点製作されていて 今回がこの右側の横長タイプ

硬い革の赤とシルバー2種類を使っての表現です

飾り鋲」を効果的に使って個性的なバッグができました


「自分の作りたい物をゼロから形に起こす…完成の喜びと次のステップにつなげるための自分に課すハードル」・・・だから物作りって奥が深いんでしょうね





さりげなく   さりげなく   このかたのお人柄でしょうか  これでもか・・・これでもかと、こてこての手作りの表情ではなく  いつもやさしくさりげない作品の数々を作られるのです

お友達へのプレゼントだそうです





車のキーケース  ピンクの型押しの革が少し残っていたので


可愛いですね  小さな物って作る時  少し気をつけて  実際に使う事を考えてのゆるみだったり革の厚みだったり  案外たくさん考えながら作らないといけませんね

2018年9月11日火曜日

秋の気配と革





今日はいつもよりも季節の移り変わりを感じた一日

朝の散歩は半袖のシャツではちょっと肌寒い感じがしました



「二人いるお嫁さんと私のバッグ」
3つ一気に作られました   鮮やかな黄色はこのバッグのデザインにとても会いますね




工程でどこの部分が難しかったですかとお伺いしたら・・・アクセントにしたベルト部分と特に持ち手を本体に付ける作業がやりずらかったとの事

そうですね・・持ち手を本体に挟み込んできれいに縫うって中々根気いります


でも3つのバッグ達  本当に可愛いですね  お疲れ様でした








きれいに、しっかりとした作りがこの作品の大きなポイント

mossaに用意しているサンプル~型紙から少しアレンジしたサイズに工夫を重ねてこの雰囲気

赤の中でもちょっと落ち着いたイメージのこの革  金具をゴールドにしたり、ファスナー先のアクセントを工夫したりと全体をエレガントにまとめられていますね





細かな部分まで決して手を抜かないからこそのこのレベルです

2018年9月7日金曜日

親子共通の楽しみ



mossaには親子 または姉妹で通われる方々が何組もいらっしゃいます


今日のこの作品は80歳になられたお母様と、手芸などこれまで未経験といわれる娘さんの作品です

鮮やかなブルーがお母様 渋いグリーンは娘さん

お二人でいつも仲良く通われて、製作途中もお互いにフォローしあったりで、ようやく完成まできましたね

1レッスン3時間という時間の中で 親子の会話…時に笑いあり…時に助け合い

私にも80過ぎた母がいますが、年を重ねていく母とのコミュニケーションが難しい時もあります

だからこそ親子で共通の時間に同じ趣味に向かうって素敵な事のように感じました






この方はお姉さんと共に通われています

前々回は先に完成したお姉さんの作品をご紹介しましたが、妹さんもゴールイン!!


革に向かうのは初めてなのに  すごい勇気と度胸です  あっぱれ!!


ご自身で起こした型紙からの製作…つまりは世界に一つの私の オリジナルのバッグ」

「嬉しいですね」











この方も娘さんと共に製作に励んでいます

上のお嬢さんに 誕生日のプレゼントとして贈ろうと やさしい母心




こちらは裏面

ポケットもつけて機能性も◎

デザインと革の質がきれいにマッチしていますので完成したバッグが1ランクグレードアップですね  これこそ母の娘を思う気持ちの表れでしょうか




2018年8月19日日曜日

小物って案外むずかしい   メガネケースとお財布・・ラウンドタイプ



お盆が過ぎると少しずつ夏の終わりを感じ始めるこの頃ですが、mossaでは相変わらず生徒さん達が色んな作品に挑戦していて暑くて熱い店内です






今日はバッグではなく、小物をご紹介してみましょう




メガネケースですね

グレーに鮮やかな黄色の組合せが何ともおしゃれな作品ですね

しかも通常は中の革 つまりは裏にあてる裏革はそれ専用の超薄くて柔らかい革を使うと楽なのですが、この方は表用の厚い革をすいて…漉いて・・・革スキして貼っています




蓋をあけると中がきれいな黄色!!


時間かけて革スキしたから大変でしたね

でも結果こんなきれいなメガネケースの完成です






次の作品はラウンド型のお財布


しかもご夫婦ペア物です









サイズ 中のパーツ 縫いの糸は統一して


表に出る革はそれぞれお好みでの選択


お財布って案外難しいと私は感じています

中のパーツを縫うのに時間がかかります‥‥肩がこります~~~ufe・・

ファスナーを中パーツと表本体の間に挟みこんで縫う作業も根気が必要



確実な製作の結果はこの方のお人柄

初めてのお財布つくりは成功!

さすがです




2018年8月17日金曜日

とうとうできあがりました!  自分サイズのトートバッグ



思い出してみると・・・・6月17日この日初めてMOSSAROCKへのご来店でした

「仕事で使う大き目のトートバッグを作りたいんです」との事

お聞きしてみると  ①買いたくても自分サイズの物に巡り合えない  ②自力で作ろうと試みたけれど、うまくいかなかったという事でのご来店のようす

もっと具体的にお聞きしてみると 使いたい日が8月・・・・らしい  もうすぐ8月がやってくる  間に合うかな


ご本人お仕事もお持ちだし、毎日MOSSAに通われるなんて  不可能だし・・・


でもゴールまで何回通われたら完成するのか・・・・正直私もフォローの自信がない

でも  でもねご本人の目が真剣なんです  キラキラ まっすぐにゴールの方向を見ている・・ご本人の強い気持ちに押された私も決心しましたよ!



こうして必死の物作りがスタート

6月17日  紙の上に自分サイズの線引いての型紙作りがスタート

点と線結んで・・でもまっすぐとか直角とか正確な線を引くのも案外難しい!!

7月 訳も分からないまま革をカットしてボンドつけて手で縫う作業の繰り返し  家でできる作業つまり宿題もこなさないとゴールインできないしで少々焦りあり


8月 何とか形が見えてきたら作るのが楽しくなってきますよね

最後にアクセントのリボンを付けて金具でトントン

遂にゴールイン!  やっと完成  8月12日の事でした  あー間に合った

本当はもっと詳しく、具体的に写真もいれてここでご紹介したかったのですが、作られるご本人も必死ならフォローする私も必死でその余裕もなく、ゴールまできてしまいましたが、まずは万歳と言わせて下さい

ゆきこさん すごい努力とあきらめないその強いお気持ちに大きな拍手 👍 「お見事」でした