2021年11月23日火曜日

初めての作品・・・・キーリング


 秋も深まってきました


革で何か作ってみたいなと思うその気持ちが

物作りの第一歩目・・・スタートです






ファーストの作品・・・このやさしい手で一針ずつ 丁寧に作られたキーリング


革に初挑戦…いかがでしたかとのmossaの問いに 「楽しいです」とやさしく伝えてくださるそのお気持ちに こちらが感謝です


こうして少しずつ物作りの輪が横に広がる事に喜びを感じます





こちらの方も8月の後半からスタートされてお教室的には今回が8回目のご参加

コインボックスに挑戦されましたが完成です


ヤッホー!







ボックス型って意外と細かい部分の縫いをしたり、コバの処理が大変だったりするのですが、バッチリ ◎


綺麗にできあがっています  ナイス!




最後はベテランさんの作品のご紹介です





変化にとんだ地模様入りのシックな革をメインに合わせたアクセントの革はパープル


70代のご姉妹にプレゼントされるという事ですが、蓋の部分のアクセントからフリンジまで細かく工夫されていて 世界に一つだけというこのバッグの存在その事が素晴らしい事ですよね


作ってよかったと作者のkさんもホッとしていらっしゃることと思います  お疲れ様ですー


2021年11月3日水曜日

革男子の作品より


 

革での物作り  メンズさん達も好きな人が多いです

作って早く使いたい革女子と違い、革男子は作るその工程を楽しまれるケースが多いと感じます







素敵でしょう!!   柔らかめの革での製作は初めてと言われる革男子


黒の革に茶色のパイピングをアクセントに   斜めに入れたステッチも丁寧

おしゃれなボデイーバッグができています





こちらも迫力満点の大人リュック


息子さんのリクエストに答えての製作


厚みのあるヌメを上手に生かしてのデザインですね

息子さんの背中にお父さん手作りのリュック   なんて素敵な事でしょう




2021年10月22日金曜日

みんなの手


仕事で 忙しい日々の連続だけど、毎週土曜日に集まって革での物作りをしながら 心に新しい風を入れてみる


今日はあれを作ろう  あの人に渡そうなんて考えながらの時間  手も自然に動きます






レザー教室 一回3時間の作業時間という設定


革の仲間と賑やかに 会話も走りっぱなしだけど 必ず完成するという 逞しさ!








奥様のリクエストに答えて  ポーチを製作


ナチュラルな栃木レザーに縫いの糸をネイビーで選択





ポーチの後ろ側には、ミニテイッシュを入れられる所がポイントかな


奥様の為に一生懸命作られましたね

お疲れ様でした








白の型押しで  ミニのケースはいかが


小さい蓋物の製作は日頃のバッグやお財布の製作とちょっと違う感じ


蓋のサイズの設定や縫いの穴あけなど、ミニサイズはちょっと気もつかいますが、


完成してみると・・・超かわいい!です





2021年9月26日日曜日

この頃のmossarockのレザー教室


 今日も革好きな方々がレザー教室もご利用下さいました


お客様からのプレゼント

赤いぎゅうちゃんmossaに仲間入り








レザー教室に長く通って下さるお二人    以前製作したバッグをお二人共に使っています


それぞれのヌメ革がツヤも出て  いい雰囲気になってきています

完成した時の喜びに時間という物をプラスするとこの感じ


作ってよかったなと思える瞬間です





                白い革でサラリと なんでもない袋物


                 肩の力ぬけていて この何でもなさがいいよね







次の方の作品はこれです


綺麗な発色の型押しのやや硬めの表情の革   


バッグの口回りにはマグネット付きのベロ仕立て


ハート型のアクセントには着脱可能なホックを配慮


底鋲も◎  OKです!!




2021年9月10日金曜日

柔らかい革で作る


 

いつものレザークラフトのイメージから少し離れて布感覚で作ると失敗しないのがこの柔らかくて薄めの革での製作です



巾着型のデザイン物には最適な革の種類です


その小ぶりなサイズとデザインに革の組合せが◎  自分オリジナルがいいですね




こちらもご自身でデザインから製作まで オリジナルの作品



白の型押しに おとなっぽくグレーをあわせて持ち手としています


糸の白も相性いいでしょう






こちらも個性的なスネークのプリントの革で小ぶりの斜め掛け


お嬢さん  お嫁さん  そしてご自身の物まで4つの製作


使う人の個性に合わせながらの革選びから製作までとても楽しい時間となりましたね


バッグのデザインがシンプルな時にはこんな個性的な革を使うのも成功のポイント!


黒の大き目のフリンジが効いていますね

2021年8月24日火曜日

初めて作る ラウンド型のお財布


 

毎日コロナっているけれど


日々少しでも幸せと感じる時がある事っていいね




手作りのお皿とブルーベリー   それぞれに頂きました   ありがとうございます


という事で今回もレザー教室の方々の作品をご紹介します


皆さんこのコロナが暴れているこの時でも製作時は 革に集中です




ラウンド型のお財布に初挑戦


迷彩の個性的な革にファスナーも赤を合わせて







中のパーツはmossarockオリジナルの型紙から起こした物


この頃は小型のお財布が話題にもなるのですが、使ってみて納得  

この使いやすさこそが「お財布のド定番がラウンド型」という事なのだと思います


次の方の作品です


「ここの模様が◎です」とKさん


ご自身でも気に入られたこの模様











ご自身の感覚で 自由に


柄を入れていきます  トントン


最後にちょこっと色も添えて OK





自分の作りたいイメージを形にできるって 心ン中にすう~っと新鮮な空気が入るような

そんな幸せ感があります




2021年7月14日水曜日

 経験豊富って中々素敵な財産!


 

梅雨が明けたのかな


もう雨はいいよね・







いろんな方が見えるmossaのレザー教室   基本的には「まずは型紙からよ」とお伝えしていますから、  皆さん手に定規と鉛筆持って 頑張ります


でも作る人それぞれのスタイルもあります


この方はまずは革を選んだら・・・・その革の大きさや雰囲気に合わせながら出来上がりを想像しつつの  これがいいのよ・・・いやこのほうがすてきだわ・・・と少しずつピントを合わせていくスタイル


ゴールまでモヤモヤ感相当だけど、結果 何とか収まって 満足の形・・・らしい


これもその人の製作スタイル  これでよし!!





トートバッグと小さなお財布がお揃いで


落ち着いた茶系の革は柔らかめです  バッグはご本人用  ミニ財布はご主人に


こういうペアの形って さりげなくていいですね




都城方面から長年おいで頂いているIさん

コロナの影響で久しぶりの今日のご来店    素敵なバッグをお持ちです


このバッグは確か3年ぐらい前に製作された作品





帆布にヌメ革のコンビ

波のようにカットした革を丁寧に革端処理してからの縫い付けがきれいです





こうして長く通って来られている方々の作品を拝見するとどの作品も心がこもっていて

既製品にない魅力がそこにはありますね